久々に感じました。「東京には空が無い」

「東京には空がない」中学校の時でしょうか?

高村光太郎という彫刻家が、奥さんのことを綴った「智恵子抄」という本の中に「東京には空がない」、と書かれている。次回の試験には出るから、みたいに言われ、ちょっとした衝撃を受け、今でもずっとその時の衝撃を覚えています。

「東京には空がない」空はあるじゃないか、なぜそう感じたのか、空気が汚れている、環境汚染なのか、故郷の空が懐かしいということなのだろうか・・・以下は、この年になって初めて見た「東京には空がない」という言葉が出てくる一文です。

智恵子は東京に空が無いという

「あどけない話」

智恵子は東京に空が無いという

ほんとの空が見たいという

私は驚いて空を見る

桜若葉の間に在るのは

切っても切れない

むかしなじみのきれいな空だ

どんよりけむる地平のぼかしは

うすもも色の朝のしめりだ

智恵子は遠くを見ながら言う

阿多多羅山の山の上に

毎日出ている青い空が

智恵子のほんとの空だという

あどけない空の話である。

 

以上ですが、高村光太郎は「あどけない空の話」と言っている。東京には空が無い。空とは何を指すのか・・・。

自分なりに「東京には空が無い」と感じた一日でした。

東京から見た空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA